トラックを運転するのに必要な免許の種類

免許の種類

トラックを運転したい場合に取得すると良い運転免許の種類は、どれくらいの大きさの車両を運転したいのかによって異なります。 例えば、2トントラックのような比較的小さい運搬車両を運転させられるようにしておきたいと考えているのであれば、普通免許を取得すれば十分です。普通免許では車両総重量が5トン未満で、最大積載量が3トン未満の運搬車両を運転することができます。また、運転免許試験が受験可能になる年齢は18歳となっており、未成年者であっても取得可能なのも特徴です。
一方で、4トントラックを運転できるようにしたい場合は、中型免許が必要となります。中型免許を取得すると、運搬車両については車両総重量が11トン未満で、最大積載量が6.5トン未満の車両が運転可能になります。 しかし、年齢が20歳に達していて、なおかつ普通免許もしくは大型特殊免許を取得してから2年が経過していなければ運転免許試験を受けられないので注意が必要です。
重量や積載量に関係なくどんなトラックでも運転させられるようにしておきたい場合は、大型免許を取得すればこれが可能になります。しかし、大型免許の試験を受けるためには、普通免許もしくは大型特殊免許を取得後3年以上が経っていなければなりません。
運送の仕事に就くことを考えている人は、まず最初に普通免許を取得しておき、3年が経過する少し前の時期から大型免許の取得に取り組むようにしなければならないでしょう。

トラックを買取りに出す際の裏ワザ

トラックの入れ替えを検討する場合、現在お乗りのトラックを買取りに出しことがあるでしょう。大手の企業で複数の車両を導入している場合、ほとんどの企業でリース契約を行なっているでしょう。
しかし、中小以下の企業で、数台の車両を導入している場合、リースではなく買取にてトラックを購入していることも多いでしょう。
トラックは専門の取り扱い業者に売却することが多く、通常の車両買取業者に売却するよりも高く売れるからです。自動車買取専門の業者は、買った車を転売して利益を得ます。なぜ、業者間で価格の違いがあるかと言えば、業者ごとに転売のノウハウが違うからです。
転売のノウハウとは、買った車をもっとも高値で売れる市場を探し、高値で売却することでその差益を獲得するもので、転売時に高い価値を引き出して、新たな市場に投入することが可能かが重要となるでしょう。
そこで、売却する際に高値を出す裏ワザとして、出来るだけ多くの業者から見積もりを取ることです。さらに、予め相場を把握しておき、どの業者が高値を付けるかなどの口コミ情報も調べておくと良いでしょう。
互いの業者の見積もり価格をかけ合わせて買い取り価格をつり上げる交渉を試みると良いでしょう。

トラックの買取をお考えの方におすすめのサイト

中古トラック・重機の買取業者ランキングの紹介サイト

トラック 買取